Home > 野生植物図鑑 > 双子葉植物合弁花類 > アポイハハコ

アポイハハコ (アポイ母子)
Anaphalis alpicola f. lactea
 「馬の背」と呼ばれる尾根を登っていくと、左右の草地にはアポイハハコが現れました。葉や茎には白い毛が密生しており、遠くからは真っ白に見えてよくめだちます。タカネヤハズハハコに近縁で、草丈が高く、葉が丸っこくて厚ぼったいのが特徴とされます。一方で、アポイハハコのなかにも、草丈の低いものや、細長い葉を持つものがみられることから、タカネヤハズハハコと区別しない考えもあります。アポイ岳をはじめ、北海道のいくつかの超塩基性岩地から知られています。
■撮影地別
 ○北海道アポイ岳
 ○北海道アポイ岳(雌頭花)

クローズアップ

■群落
2009.7.5 北海道アポイ岳
             2013.8.3 北海道アポイ岳
Before Plant   Next Plant