Home > 野生植物図鑑 > 双子葉植物合弁花類 > アキハギク

アキハギク (秋葉菊)
Aster sugimotoi
 アキハギクはシロヨメナに近縁のアスターで、関東地方南部から東海地方にかけて分布します。花の色や大きさはシロヨメナと変わらず、どこがちがうのかと思えますが、よくみると葉にははっきりとした柄があって、葉が茎に密着してつくシロヨメナとの区別点となっています。名前は静岡県西部にある秋葉山に由来し、その周辺で観察したかぎりでは、多くは高さ20〜30cmほどですが、なかには50cm以上あるものがあって、このようなものでは、下部の葉にある長い葉柄がはっきりと確認できました。
■撮影地別
 ○静岡県浜松市
 ○千葉県君津市
 ○静岡県浜松市(葉)

クローズアップ

群落
2010.10.10 静岡県浜松市
2010.10.10 静岡県浜松市 2010.10.10 静岡県浜松市
Before Plant   Next Plant
2016.11.3 千葉県君津市          2016.11.3 千葉県君津市