Home > 野生植物図鑑 > 双子葉植物合弁花類 > アブノメ

アブノメ (虻の目)
Dopatrium junceum
 岐阜県東部の山あいを移動すると、ちょうど稲刈りの真っ最中でした。休耕田がないだろうかと思っていると、農家の前に水を張ったままの水田があり、車を降りて近づいてみたところ、アブノメが花をつけていました。高さ10〜25cmの1年草で、小さな葉が株もとに対生するほか、茎にも葉がつきますが、ごく小さいため、まるで虫に食われて茎だけの丸裸になった野菜のようです。淡紫色の開放花は茎の先端に、閉鎖花は茎の上部の葉のつけねにつきますが、後者からアブの目を連想して名前があります。
■撮影地別
 ○岐阜県恵那市


クローズアップ

■群落
2009.9.21 岐阜県恵那市
            2009.9.21 岐阜県恵那市
Before Plant   Next Plant