Home > 野生植物図鑑 > 単子葉植物 > ジンバイソウ

ジンバイソウ (銀蠅草)
Platanthera florentii
 秋の天城山を散策していたところ、万二郎岳から万三郎岳へと向かう稜線のアセビのトンネル付近でジンバイソウの群落を見つけました。2枚の葉をロゼット状に横に広げるのが特徴のランで、ツレサギソウ属の中では花期が遅く、9〜10月に花をつけます。「ジンバイ」の由来がよくわからず調べてみたところ、「日本の野生ラン」(誠文堂新光社)で「銀蠅」と字を当てているのを見つけました。花のかたちをハエに見立てたものでしょうが、「千鳥」や「蜻蛉」にくらべるとなんとも損な名前です。
■撮影地別
 ○静岡県天城山


■クローズアップ

■群落
Before Plant   Next Plant 1992.10.6 静岡県天城山