Home > 野生植物図鑑 > 単子葉植物 > ツクシマムシグサ

ツクシマムシグサ (筑紫蝮草)
Arisaema maximowiczii
 このときは雲仙の温泉街から仁田峠を目指しました。ドライブウェイわきではマムシグサの仲間がそこここで目に入り、近づいたところ、咲いているのはどれもツクシマムシグサとわかりました。九州の山地に生え、先端がツンと細長くのびた仏炎苞が特徴です。仏炎苞の付属体の裏側あたりはもようが消え、透きとおったようになります。ツクシヒトツバテンナンショウも似ていますが、「日本のテンナンショウ」(北隆館)によりツクシマムシグサと判断しました。
■撮影地別
 ○長崎県雲仙岳


クローズアップ

■群落
2017.5.14 長崎県雲仙岳
2017.5.14 長崎県雲仙岳
Before Plant   Next Plant