Home > 野生植物図鑑 > 単子葉植物 > スズメノヒエ

スズメノヒエ (雀の稗)
Paspalum thunbergii
 三浦半島で海岸近くの遊歩道を散策していたところ、路傍に生えるスズメノヒエが目に入りました。よく見かけるシマスズメノヒエより全体に小型で、左右にのびる花序も短め、ましてやたくさんの花序が鈴なりにつくヒエとはくらべものになりません。このようなところを、人間ではなくスズメにちょうどよいくらいのヒエと見立て、この名がついたのでしょう。シマスズメノヒエの花序には小穂が3〜4列ならぶのに対し、スズメノヒエのそれは2列だけで、黄色いおしべとあわせてわかりやすい特徴です。
■撮影地別
 ○神奈川県三浦市


■クローズアップ

■群落
Before Plant   Next Plant 2011.10.23 神奈川県三浦市