Home > 野生植物図鑑 > 単子葉植物 > ステゴビル

ステゴビル (捨子蒜)
Caloscordum inutile
 ステゴビルはネギ属に似ているけれども、ヒガンバナと同じく秋の花時に葉はなく、花が終わってから葉をのばすところがちがいます。また花茎の長さは、長いものや短いものがあってばらばら、ニラとちがって花茎の長さはそろいません。関東から近畿まで分布するものの、どこでもあるというものではなく、石灰岩地を中心に点在します。「ヒル」というのはもちろん血を吸うヒルではなく、ネギの仲間を指す古名で万葉集にも詠われていますが、「捨子」ではまるで見捨てられたようで、あまりにかわいそうです。
■撮影地別
 ○埼玉県


クローズアップ

■群落
2006.9.20 埼玉県
              2006.9.20 埼玉県
Before Plant   Next Plant