Home > 野生植物図鑑 > 単子葉植物 > シマツユクサ

シマツユクサ (島露草)
Commelina diffusa
 このとき沖縄本島で見たツユクサは、ホウライツユクサとシマツユクサの2種、どちらも九州南部以南に分布する南方系の種類です。シマツユクサの特徴は、なんといっても花弁が3枚あることで、長い雄しべが垂れさがるほうにつく花弁は、ほかの2枚に比べていくぶん小さめのようです。地面を這ってのびるのはツユクサと同じで、写真を撮影したときも、水路わきの湿りけのある道ばたに広がっていました。ツユクサは夏から秋にかけて花をつけますが、シマツユクサは季節を問わずパラパラ咲くようです。
■撮影地別
 ○沖縄県恩納村
 

クローズアップ

■群落
2007.3.17 沖縄県恩納村
2007.3.17 沖縄県恩納村
Before Plant   Next Plant