Home > 野生植物図鑑 > 単子葉植物 > コバンソウ

コバンソウ (小判草)
Briza maxima
 コバンソウは春小麦と同様、春先に発芽して夏に開花・結実する1年草で、コバンソウの原産地でもある地中海地方は冬から春に雨が多く、春から夏にかけてはあまり雨がふらないため、こういった生活史をもつ植物にとっては好適ですが、日本の気候はその逆で、芽をのばし、葉をひろげる時期に雨が少ないのは植物にとってマイナスかもしれません。コバンソウの花穂は小判を思わせるおもしろいかたちで、ドライフラワーとして利用されるほか、都市部や海岸の砂地に帰化したものをよく見かけます。
■撮影地別
 ○神奈川県鎌倉市
 ○東京都千代田区

クローズアップ

■群落
2004.4.30 神奈川県鎌倉市
          2012.6.1 東京都千代田区
Before Plant   Next Plant