Home > 野生植物図鑑 > 単子葉植物 > キツネノカミソリ

キツネノカミソリ (狐の剃刀)
Lycoris sanguinea
 9月初めに広町緑地にでかけたときは、キツネノカミソリはもう果実となっていました。翌年は時期を早めて再訪すると、散策路の林縁に咲くキツネノカミソリが多く見つかりました。ヒガンバナと同じく、細長い葉は冬〜春にひろがり、花が咲くころにはすっかり消えています。このタイプの生活史を持つものは、木の葉が落ち、丈の高い草も枯れている秋から早春にかけて、存分に光合成ができるというメリットがあるといいます。温度が低くても、高い光合成速度を維持する能力を持っているのでしょうか。
■撮影地別
 ○神奈川県鎌倉市


クローズアップ

■群落
2005.8.13 神奈川県鎌倉市
         2005.8.13 神奈川県鎌倉市
Before Plant   Next Plant “特選”Photo Gallery「キツネノカミソリ」