Home > 野生植物図鑑 > 単子葉植物 > カワズスゲ

カワズスゲ (蛙菅)
Carex omiana var. monticola
 登りはじめたころは特産種にばかり目がいっていた至仏山ですが、最近では登山道わきに生えるスゲなどが気になってしまうのですから不思議なものです。中腹の木道がかかっているところは水がたまって湿地のようになり、カワズスゲが左右に花を咲かせていました。蛙(かわず)が住むようなところに生えるスゲということで、ピッタリの名前です。イガグリを思わせる両性の小穂がまばらにつき、そのようすからわりあいに名前がわかりやすいほうです。高さは大きくても30cmほど、根茎で広がり群生します。
■撮影地別
 ○群馬県至仏山


■クローズアップ

■群落
Before Plant   Next Plant 2011.7.24 群馬県至仏山