Home > 野生植物図鑑 > 単子葉植物 > カラスムギ

カラスムギ (烏麦)
Avena fatua
 エンバク(燕麦、オーツ麦)というのは、食用としてオートミールの原料になるほか、青刈りや干草として家畜の飼料に用いられるマカラスムギのことです。その起源については、地中海地方に遺伝資源の中心がある、この仲間の野生種の交雑によりマカラスムギが生まれ、さらに畑でこぼれ落ちたマカラスムギが雑草化してカラスムギとなったという説と、野生雑草であるカラスムギが改良され、果実が成熟しても脱落しないなどの作物としての特徴をもつマカラスムギが生まれたという説があるようです。
■撮影地別
 ○東京都千代田区


■クローズアップ

■群落
Before Plant   Next Plant 2005.5.2 東京都千代田区