Home > 野生植物図鑑 > 単子葉植物 > ハクサンチドリ

ハクサンチドリ (白山千鳥)
Orchis aristata
 ハクサンチドリはラン科の高山植物の代表選手ともいえる植物で、先端のとがった花びらをつけた紅紫色の花が特徴です。北海道から本州中部にかけて分布し、高山草原の湿ったところでよく見られます。北海道をはじめとした北の地方では、さらに標高の低いところにあらわれることもあります。こういったところでは高山のものよりも大型になる場合が多く、尾瀬ヶ原では多数の花をつけ、50cm以上の高さにまで生長したものが見られますが、高山のものより花色が薄くなる傾向があります。
■撮影地別
 ○群馬県至仏山
 ○群馬県尾瀬ヶ原
 ○北海道暑寒別岳

クローズアップ

■群落
1995.7.8 群馬県至仏山
1993.7.20 群馬県尾瀬ヶ原 2006.7.9 北海道暑寒別岳
Before Plant   Next Plant