Home > 野生植物図鑑 > 単子葉植物 > エナシヒゴクサ

エナシヒゴクサ (柄無籤草)
Carex aphanolepis
 エナシヒゴクサは北海道から九州にかけて分布し、山地の樹林下や草地に生えるスゲで、高さ20〜40cmほどになります。上向きに1〜3の雌小穂がつきますが、長さ1cm前後と短く、柄がほとんどない点でヒゴクサと区別することができます。スゲ属の重要な識別ポイントの1つに、雌花をおおう皮状の「果胞」がありますが、エナシヒゴクサを含むヒメシラスゲ節は、縁を除いて果胞に毛はなく、乳頭状の突起もないのが特徴です。夕張岳では、登山道わきでぽつぽつと咲いていました。
■撮影地別
 ○北海道夕張岳


■クローズアップ

■群落
Before Plant   Next Plant 2006.7.8 北海道夕張岳