Home > 野生植物図鑑 > 単子葉植物 > アオスゲ

アオスゲ (青菅)
Carex morrowii
 スゲ属のなかでも、もっともふつうに見かけるものの1つがアオスゲです。道ばたや草地にあり、芝やイネ科の雑草とともに生えることも多いので、あまりその存在に気づきません。まずは、一見すると似ているイネ科と見分ける必要がありますが、さわってみて、茎に稜があり角ばっていることが大きなちがいです。株立ちになって生え、高さ20〜30cmほどのものが多く、葉が展開したあと、4〜5月ごろに花序をいくつものばします。花序の先端に雄花穂が1つつき、その下には雌花穂が数個あります。
■撮影地別
 ○東京都千代田区


■クローズアップ

■群落
Before Plant   Next Plant 2011.4.26 東京都千代田区