Home > 野生植物図鑑 > 単子葉植物 > アブラシバ

アブラシバ (油芝)
Carex satsumensis
 6月最初の週末に訪ねた日向山、雲が多くて八ヶ岳は見渡せませんでしたが、鳳凰三山を思い出させる、白砂のザレ場が広がる山頂の風景には驚かされました。下山しようと歩きはじめたとき、ザレ場に生えるスゲが目に入りましたが、その名が浮かびません。帰って図鑑を開き、アブラシバとわかったものの、そういえば花期にアブラシバを見るのは今回が初めてです。山の裸地や河原に生えて匐枝で一面に広がり、高さ20cmほどになります。名前は花穂が油分を含むようにみえることに由来します。
■撮影地別
 ○山梨県日向山


クローズアップ

■群落
2012.6.2 山梨県日向山
          2012.6.2 山梨県日向山
Before Plant   Next Plant