Home > 野生植物図鑑 > 双子葉植物離弁花類 > ノウゴウイチゴ

ノウゴウイチゴ (能郷苺)
Fragaria iinumae
 私たちが食用にするイチゴは、南米と北米原産の2種の野生イチゴが交雑して生まれた8倍体種ですが、日本に自生するイチゴはいずれも2倍体種で、食用のイチゴにくらべるとずっと小振りです。このうちノウゴウイチゴは主に本州の日本海側と北海道に分布し、亜高山帯の登山道の土がくずれたようなところでよく見られます。他のイチゴと異なり、花弁が7〜8枚あるのが特徴です。小降りでもそこはやはりイチゴの仲間で、夏には長さ1cmほどの真っ赤な果実を実らせます。
■撮影地別
 ○秋田県秋田駒ヶ岳
 ○北海道夕張岳
 ○群馬県至仏山(果実)

クローズアップ

■群落
1995.6.24 秋田県秋田駒ヶ岳
        2006.7.8 北海道夕張岳    2011.7.24 群馬県至仏山
Before Plant   Next Plant