Home > 野生植物図鑑 > 双子葉植物離弁花類 > ノミノフスマ

ノミノフスマ (蚤の襖)
Stellaria uliginosa var. undulata
 ナデシコ科には畑や道ばたに生え、小さな白い花をつける種類が多く、慣れないとどれも同じように見えてしまいます。ノミノフスマの場合は、花弁一つ一つが深く切れこんでいるため、一見すると10枚の花弁があるように見え、これがわかりやすい特徴となっています。「衾」とは寝るときに体にかける布などの夜具のことで、小さな葉をノミの衾にたとえたものです。横浜市内にある谷戸の水入れ前の水田では、たくさんのノミノフスマが咲きほこっていました。田植えまでのわずかな命のお花畑です。
■撮影地別
 ○神奈川県横浜市


クローズアップ

■群落
2007.4.7 神奈川県横浜市
        2007.4.7 神奈川県横浜市   
Before Plant   Next Plant