Home > 野生植物図鑑 > 双子葉植物離弁花類 > ムシトリナデシコ

ムシトリナデシコ (虫取撫子)
Silene armeria
 ムシトリナデシコは花壇に植えられるものの、空き地や河原で群生しているのもよく見かけます。金沢に住んでいたころ、月に一度は新潟まで出かけていたのですが、富山県の神通川を通過したとき、河原にピンク色の花がじゅうたんのように広がっているのが車窓から目に入り、きっとムシトリナデシコだろうと見当をつけたのを思い出します。ヨーロッパ原産の1〜2年草で高さ50cmになり、名前は茎から出る粘液で虫が動けなくなることに由来しますが、ムシトリスミレのような食虫植物ではありません。
■撮影地別
 ○神奈川県鎌倉市
 ○茨城県(白花)

クローズアップ

■群落
2006.4.30 神奈川県鎌倉市
        2005.6.12 神奈川県鎌倉市    2008.6.22 茨城県
Before Plant   Next Plant