Home > 野生植物図鑑 > 双子葉植物離弁花類 > クモマナズナ

クモマナズナ (雲間薺)
Draba sakuraii var. nipponica
 稜線の岩場に生える高山植物の場合、地形的な要因で積雪が少なく地表が早く現れ、さらに晴天時には岩があたためられて植物の生長が進むのでしょうか、いち早く花を咲かせるものが多く、また、高山草原や雪田周辺に生えるものと違って花期にあまりばらつきがありません。本州中部の高山に分布し、岩のすきまに生えるクモマナズナも、6月下旬〜7月上旬が花の最盛期で、夏山シーズンにはすでに果実となっています。北岳山頂では、北西にそびえる仙丈岳をバックに満開となっていました。
■撮影地別
 ○山梨県北岳
 ○長野県伊那市

■クローズアップ

■群落
2004.7.4 山梨県北岳
        2010.6.6 長野県伊那市   
Before Plant   Next Plant