Home > 野生植物図鑑 > 双子葉植物離弁花類 > カラフトゲンゲ

カラフトゲンゲ (樺太紫雲英) Hedysarum hedysaroides
 カラフトゲンゲはイワオウギに近縁の植物で、国内では北海道のみで見られますが、広くユーラシア大陸に分布します。なんといっても濃紅色の花が特徴で、本州の高山にはこのような色の花をつけるマメ科の植物はないので、ウコンウツギと同じく北海道に来たことを実感させるものの一つです。大雪山では砂礫地に生えていましたが、礼文島では海岸に近い草地の斜面に多く、そのようすはかなり異なります。むしろ、礼文島は海岸近くでも高山と同じくらいに厳しい自然環境といえるのかも知れません。 ■撮影地別
 ○北海道礼文島


■クローズアップ

■群落
Before Plant   Next Plant      2004.6.18 北海道礼文島