Home > 野生植物図鑑 > 双子葉植物 > イワガネ

イワガネ (岩ヶ根)
Oreocnide frutescens
 長崎市内にある岩屋山(標高475m)に登っていたところ、中腹で現れたのがイワガネです。初めて見る植物に、最初は名前が思いあたらず、帰宅後、いかにもイラクサ科らしい特徴ある葉からそうと気づきました。分布は四国、九州となっていて、この科としては数少ない木本で、高さは2mほどになります。ご多聞にもれず雌雄異株で、前年に伸びた枝の葉のつけねに花をびっしりとつけ、花後は肉質になった白い花被が黒い果実をおおうようになります。
■撮影地別
 ○長崎県長崎市


クローズアップ

■群落
2017.4.16 長崎県長崎市
2017.4.16 長崎県長崎市
Before Plant   Next Plant