Home > 野生植物図鑑 > 双子葉植物離弁花類 > アオキ

アオキ (青木)
Aucuba japonica
 アオキは北海道から沖縄まで分布する日本の固有種で、平地や低山の樹林下に普通に生える、高さ2〜3mほどの低木です。光沢のある大きな厚い葉が特徴で、うす暗いところでもよく育つことから、公園用や庭木として広く用いられています。雌雄異株で、雌株には長さ2cmちかい真っ赤な果実がつきます。ヨーロッパでは、アオキは冬も青々とした葉をつける木として重宝されますが、導入時は雌株しかなく、プラントハンターによって初めて雄株がもたらされて、果実も観賞できるようになったそうです。
■撮影地別
 ○神奈川県鎌倉市
 ○神奈川県葉山町(果実)

クローズアップ(雄花)

■群落
2005.4.10 神奈川県鎌倉市
       2005.4.10 神奈川県鎌倉市    2006.3.19 神奈川県葉山町
Before Plant   Next Plant