Home > 野生植物図鑑 > 双子葉植物合弁花類 > タマブキ

タマブキ (玉蕗)
Cacalia farfarifolius var. bulbiferus
 タマブキは北海道〜関東地方に分布するといいますが、高尾山や丹沢あたりでは見ることがなく、このとき、茨城県北部で初めて撮影する機会を得ました。ウスゲタマブキにくらべると全体に大柄で、草丈の高いものが多く、葉のサイズもひと回り大きいように思えました。葉裏を見ると、たしかにウスゲタマブキとちがってクモ毛が密生し、白っぽくなっていて名前のとおりです。花期にはやや遅く、花の多くは茶色っぽくなっていましたが、花茎の下のほうにつくむかごは大きく生長していました。
■撮影地別
 ○茨城県北茨城市


クローズアップ

■群落
2015.10.18 茨城県北茨城市
            2015.10.18 茨城県北茨城市 2015.10.18 茨城県北茨城市
Before Plant   Next Plant