Home > 野生植物図鑑 > 双子葉植物合弁花類 > サツマノギク

サツマノギク (薩摩野菊)
Chrysanthemum ormatum
 野間岬は薩摩半島から東シナ海に突き出した岬で、鹿児島県では最も西に位置する場所のひとつです。晩秋から冬にかけて、このあたりではサツマノギクが満開となります。サツマノギクは、鹿児島県の西部と島嶼の一部及び熊本県の海岸沿いに分布するキクの仲間で、日本に分布するキクでは最も大きな頭花をつけるものの一つです。この日初めて訪ねた野間岬では、やや時期は遅いながらも、海岸べりの崩壊地をはじめ、民家の石垣や道路の法面などでもその白い花を見ることができました。
■撮影地別
 ○鹿児島県笠沙町


クローズアップ

群落
2002.12.8 鹿児島県笠沙町
             2002.12.8 鹿児島県笠沙町 2002.12.8 鹿児島県笠沙町
Before Plant   Next Plant “特選”Photo Gallery「サツマノギク」