Home > 野生植物図鑑 > 双子葉植物合弁花類 > オゼヌマアザミ

オゼヌマアザミ (尾瀬沼薊)
Cirsium homolepis
 梅雨が明け、晴れの日が続くようになると尾瀬に本格的な夏が到来します。この時期の花の一つにオゼヌマアザミがあります。この日、下田代から温泉小屋を経て東電小屋に向かっていると、高くのびた草のかげから、オゼヌマアザミがいくつも花をのぞかせていました。オゼヌマアザミは、やはり湿原に生えるタチアザミに近縁で、花の形はよく似ていますが、タチアザミと異なって葉が深く切れ込むのが特徴です。尾瀬では、尾瀬ヶ原や尾瀬沼のほか、至仏山の湿った登山道でも見ることができます。
■撮影地別
 ○福島県尾瀬ヶ原


クローズアップ

■群落
1995.8.6 福島県尾瀬ヶ原
             2007.8.5 福島県尾瀬ヶ原
Before Plant   Next Plant