Home > 野生植物図鑑 > 双子葉植物合弁花類 > クモイリンドウ

クモイリンドウ (雲居竜胆)
Gentiana algida f. igarasii
 北海道のトウヤクリンドウは、本州のものにくらべると、花が大きくて草丈が低いことから、その品種のクモイリンドウとされます。ただ、トウヤクリンドウは北アジアから北米にかけて広く分布するので、種全体の変異の幅からみれば、このていどは大したちがいではないとして、分けない考えのほうが主流です。実物を見た印象では、たしかに顕著なちがいはありませんでしたが、花冠の外側のもようがトウヤクリンドウは茶色っぽく、クモイリンドウは青っぽいことなど、ちがうところも見受けられました。
■撮影地別
 ○北海道大雪山


クローズアップ

■群落
2009.8.15 北海道大雪山
             2009.8.16 北海道大雪山
Before Plant   Next Plant