Home > 野生植物図鑑 > 双子葉植物合弁花類 > キジョラン

キジョラン (鬼女蘭)
Marsdenia tomentosa
 キジョランは関東地方以西に分布するつる植物で、常緑の葉はカモメヅル属より大きく、茎も太くていかにも南方系の植物というおもむきです。5裂した肉厚の白い花冠をもつ花の直径は4mmほど、葉のつけねから花序をのばし散形状に多数つきます。少し変わった印象の植物は「ラン」と名づけられるきらいがあるようで、おまけにキジョランは「鬼女」なんていうおっかない名前までついています。秋には花から想像できないほど大きな楕円形の果実をつけ、裂けると羽毛のような毛をつけた種子を飛ばします。
■撮影地別
 ○愛知県豊橋市


クローズアップ

■群落
2010.10.10 愛知県豊橋市
            2010.10.10 愛知県豊橋市
Before Plant   Next Plant