Home > 野生植物図鑑 > 双子葉植物合弁花類 > カズサヤマアザミ

カズサヤマアザミ (上総山薊)
Cirsium bosopeninsulae
 カズサヤマアザミは2003年に新種として報告されたアザミで、それまではアズマヤマアザミと区別されずにいたようです。千葉県に固有ですが、現地で観察すると、混生こそしないものの、同じエリアでアズマヤマアザミも見られるので注意が必要です。HP「日本のアザミ」によれば、小さな頭花が下向きに咲くことと、頭花の下にある柄が2〜5cmと長いのがいちばんの特徴です。大きなものは2mにもなり、数多く分枝しますが、小型のものは写真のように分枝しないこともあります。
■撮影地別
 ○千葉県君津市


クローズアップ

■群落
2016.11.3 千葉県君津市
2016.11.3 千葉県君津市 2016.11.3 千葉県君津市
Before Plant   Next Plant