Home > 野生植物図鑑 > 双子葉植物合弁花類 > ハッポウタカネセンブリ

ハッポウタカネセンブリ  (八方高嶺千振)
Gaultheria tetrapetala subsp. micrantha
var. happoensis
 ハッポウタカネセンブリはタカネセンブリの変種で、母種は花冠と萼片の長さがほぼ同じであるのに対して、ハッポウタカネセンブリの花冠は萼片よりもずっと長く、また花冠の裂片の幅も広いようです。八方尾根に特産しますが個体数は多く、特にスキー場上部の草地では、分枝してたくさんの花をつけた高さ30〜50cmほどの大型の個体がみられます。これに対し稜線でみかけるのは高さ半分ほどの小型のものです。この日観察したかぎりでは、八方尾根でみたのはハッポウタカネセンブリばかりでした。

■撮影地別

 ○長野県八方尾根
 

クローズアップ

■群落
2003.8.16 長野県八方尾根
          2003.8.16 長野県八方尾根
Before Plant   Next Plant