Home > 野生植物図鑑 > 双子葉植物合弁花類 > ハコネコメツツジ

ハコネコメツツジ (箱根米躑躅)
Rhododendron tsusiophyllum
 フォッサマグナ要素の植物として知られるハコネコメツツジですが、樹姿がコンパクトで園芸用に珍重されることがわざわいとなって、その名前にもなっている箱根周辺ではいちじるしく減少しています。箱根の山々を歩くと、盗掘をやめるよう呼びかける看板をあちこちで見かけます。風の強い岩場や草地に生え、雄しべの葯が普通のツツジとちがって縦にわれることから、ハコネコメツツジ属とされることもあります。このときはやや早めでしたが、咲きはじめの株がいくつか見つかりました。
■撮影地別
 ○神奈川県箱根


クローズアップ

■群落
2004.6.13 神奈川県箱根
          2004.6.13 神奈川県箱根
Before Plant   Next Plant